横浜実践看護専門学校公式ブログ
2018年1月18日
 ■  いのちの授業


こんにちは。
横浜実践看護専門学校 入試事務局です。

今回は、昨年12月に行われた「いのちの授業」
について、在校生に記事を書いてもらいましたshine

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

こんにちは。看護学科2年生です。
わたしたちは、小児や母性の授業の中で学んだ
「命の大切さ」を、
思春期を迎えた中学生に伝えるために、
地域の中学校に行って
「いのちの授業」を行いました。

まずはじめに、メンバー全員で
どのような内容にするかを話し合い、
「14歳の母」という劇を披露する事にしました。
内容が決まってからは、台本を覚え、
台詞合わせをするなど、
たくさんの練習を行いました。

01181.jpg

劇の他にも新生児の抱っこ体験や胎動体験など、
4つの体験ブースを設けました。

01182.jpg

一番苦労したのは、命の大切さを伝える
映像を作ることでした。
「人は一人で生きていけない、絶対一人ではない」
という事を伝えたと思い、どうすれば
中学生に伝わるようなものを
作ることができるかをメンバー全員で考え、
映像を作成しました。

実際に劇を上演し、動画を流すと、
多くの中学生がとても真剣に見てくれました。
中には涙を流す生徒もいて、
心に残るもの、心に響くものを作ることが
できたのではないかなと思いました。

01183.jpg

私たちが伝えたかったこと。

 「悩みや不安も多い思春期だからこそ、
 改めて命について考えてみてほしい。
 つらいことや苦しいことがあったとき、
 一人で悩まずに
 周りの人に相談をしてほしい。
 人は一人では生きていけません。
 だからこそ、いま生きていることを
 「当たり前」と思わずに、
 自分を大切に生きてほしい。」

中学生と交流してみて、私たちも改めて
命について考え直すことができました。
年齢が近い私たちが行うからこそ
伝わることもあったのかな、と思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

自分たちが学んでいることを
中学生に伝えることで、
在校生にとっても、良い経験に
なったのではないでしょうかconfident


投稿者 jkango_blog : 15:49
2018年1月12日
 ■  基礎看護学実習Ⅰを終えて


こんにちは。
横浜実践看護専門学校 入試事務局です。
空気が乾燥していますが
体調を崩していませんか?


1年生にとって初めての実習となる
「基礎看護学実習Ⅰ」。
実習を終えた1年生に感想を聞きましたhappy01


 S.Mさん
 実際に患者さんと触れ合ってみて、
 コミュニケーションの大切さについて
 改めて考えさせられましたflair
 今回うまくいかなかった点を
 しっかりと振り返って、今後の
 学習に役立てていきたいと思いました。
 
 A.Iさん
 コミュニケーション能力には
 自信があったのですが、
 それを活かすことができず、
 看護の難しさを実感しました。
 今後は主観だけではなく、広い視野を持って
 客観的に物事を判断できる看護師を
 目指して頑張りますshine

 S.Nさん
 知識も技術もまだまだ未熟だと
 痛感しました。もっともっと練習をして、
 臨機応変に対応できるようにしたいです。 
 今日もこれから実習室で練習しますrock
 
 R.Iさん
 実習では、模型や教科書とは違って
 戸惑うこともありましたが、練習してきた
 ことを活かせた場面もあり、
 少し自信が付きましたsmile


看護とはどのようなものなのか。しっかり考えられる
実習ができたようですclover

なりたい看護師像が見えてきた1年生は
とてもキラキラしていましたconfidentshine


投稿者 jkango_blog : 17:26
2017年11月16日
 ■  戴帽式を行いました


みなさんこんにちは。
横浜実践看護専門学校 入試事務局です。
11月10日(金)に4期生の戴帽式を行いました。


戴帽式は、看護師を目指す学生たちが、
ナースキャップを授かり、
看護師を目指すという意識を高め、
その責任を自覚するためにあります。

11151.jpg

ナースキャップは「博愛・責任・清潔」を
表すと言われています。

11152.jpg

ナースキャップをもらった学生は、
看護学生としての誓いの言葉を述べました。

11153.jpg

戴帽式のあとに行われた交流会では、
上級生からプレゼントをもらいましたshine


参加した1年生に感想を聞きました!

 Y.Tさん
 自分の選んだ「看護」という道を
 改めて自覚し、看護師になりたいという
 気持ちがより強くなりました。
 12月から始まる実習に向け、
 気を引き締めて学習に取り組みたいです。

 H.Kさん
 看護師を目指すなかで、先生や病院関係者の方、
 両親など、自分は多くの人に支えられている
 のだということを改めて感じました。
 誓いの言葉を忘れず、自分の理想とする看護師に
 なれるよう努力していきたいです。


参加した学生にとって、
改めて看護学生としての自覚と責任について
考える機会となったのではないかと思います。

基礎看護学実習に向けて頑張りましょうhappy01


投稿者 jkango_blog : 10:05