パラスポーツを学び、普及の担い手に~神奈川県障がい者スポーツ大会ボランティア~

 本校は理学療法学科・作業療法学科共に、「障がい者初級スポーツ指導員」flairの資格を取得する事が出来ます。(3年次後期)そのカリキュラムとして、神奈川県障がい者スポーツ大会で競技運営のボランティアを毎年行っています。
第10回神奈川県障がい者スポーツ大会の出場者は約1400名shine、ボランティア参加者は約400名、とても多くの方々がこの大会に関わっています。お邪魔させて頂いた5月29日(日)は陸上競技(身体障がい者)を開催していました。

開会式の様子。神奈川県各市町村(横浜市・川崎市を除く)から沢山の選手の方々が出場します。全員でラジオ体操を行い、競技スタートです。

DSC05447_mini.jpg  DSC05458_mini.jpg

陸上競技は主に競走・跳躍・投てきで、各種目は障がい区分ごとに分かれています。投てきは砲丸投げだけではなく、ソフトボールbaseballやビーンバッグという重さ150gの四角い袋を投げる競技などがあります。

競走の様子。

DSC05465_mini.jpg

 

跳躍の様子。
DSC05488_mini.jpg

投てきの様子。
サポートするのは、スポーツ指導員として参加している3年理学療法学科 石山成彦さん(私立実践学園高校出身)happy01

DSC05472_mini.jpg

DSC05475_mini.jpg

オレンジ色のTシャツを着た1年生は選手の誘導や記録等のお手伝いをしていました。confident

IMG_0714.jpg  IMG_0713.jpg

競技終了後、神奈川新聞社の方からインタビューを受けました。
インタビューを受けている(画像左)のは、1年理学療法学科の佐藤怜奈さん(県立厚木西高校出身)heart04です。
DSC05497_mini.jpg

皆さん、暑い中おつかれさまでした!大会でのボランティア活動と、パラスポーツの知識を学び、3年次には「障がい者初級スポーツ指導員」資格を理学療法学科・作業療法学科の全員が取得する事が出来ます。
2020年のパラリンピックでより多くの種目で、選手の皆さんが活躍できるようpunch、横リハでは、リハビリテーション分野からサポートできる人材育成にこれからも取り組んでいきたいと考えています。

IMG_0725.jpg  IMG_0727.jpg

 


 

公式ページ

  • 横浜リハビリテーション専門学校
  • 横リハをフォロー!

資料請求

本校の入学案内書や最新のイベント情報をお届けします

イベント申込

学校説明会や体験イベントのお申込 学校説明会

このブログ記事について

このページは、横浜リハビリテーション専門学校Blog管理者が2016年6月 3日 10:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プロアスリートの世界に触れる~横浜トライアスロンボランティア体験~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。